KAKULOG

郭智博のブログ

苦しみからの解放。

どうやら花粉のピークは先週過ぎたようで、一時期よりは花粉の症状が楽になった方もいるのではないでしょうか。
僕も楽になりましたよ。
恐らく薬のおかげですが、点鼻薬のナザールは使わなくなりました。


実は最初に行った耳鼻科の薬がなくなりそうだったのと効き目に不満を感じて、いつも通っていた耳鼻科にこの間行ってきたんです。
そこの耳鼻科の先生は経験豊富なお年を召した先生で、ささっと処置(鼻の中を洗浄?)をして吸入器へ。
最初に行った耳鼻科では吸入器は自分から言わないとやらせてもらえなかったし、鼻の洗浄なんてしてもらえなかった。


薬はディレグラというちょっと効き目が強い薬をもらいました。
おかげで寝るときも鼻が快適で、息苦しくなることがなくなりました。




が。



このディレグラという薬を飲んでから目が覚める。
最初はこの薬が原因だと思わなかったから調べなかったけど「飲んでからだよなぁ」と思い出して調べてみたら、案の定副作用に「不眠」と書いてありました。
どうやら薬の成分の中に交感神経を刺激する成分が入っているようでそのせいで不眠になる人がいるらしいんですね。
まぁ、交感神経を刺激してくれるおかげで鼻の粘膜の腫れを抑えてくれてるんですけど…。


だから余程鼻が詰まってしょうがない時以外は前にもらった薬を飲もうかなぁと思いました。
あ、ディレグラのせいで今このブログ書いてるのかぁ。


おまけにこのディレグラ。
飲むタイミングが個人的に難しい。
空腹の時に飲んでほしいらしいんです。
じゃないと薬の効きが悪くなるとか。
だからご飯食べる前に飲んでくださいとか言われたんだけど、ご飯食べる直前に飲んでも意味ないですよね?
余計ご飯食べなくなっちゃうなぁ(笑)
夜食も食べれない。
しかもカプセルがでかい。

ピンクのがディレグラ。


あ、あとですね。
ちょっと汚い話なのでお食事しながらこの記事読まないでくださいね。


皆さん、ゴーストピルという言葉聞いたことあるでしょうか。

ゴーストピル。

直訳すると錠剤のお化けですけど。
何かと言うとほとんどそのままの大きさ、形で便と一緒に排出される薬があるみたいなんですね。
それをゴーストピル(ゴーストカプセルともいう)というらしいです。
そのままの形で出てきたからと言っても、中身はちゃんと身体に吸収されているみたいなので、その点は心配いらないみたいですが、初めて見たときびっくりしましたし、久しぶりに二度見しました(笑)

すいません。汚い話して。


ま、そんなこんながあってですね、花粉症の方は然程気になるぐらい酷くはないかなと。
いや、寧ろナザール依存症になっていたので、あのナザールを使わなくなったことを考慮すると以前よりもかなり鼻の状態がいい。
ナザールは効きが強いらしく、使いすぎると効かなくなってくるだけじゃなくて更に鼻が詰まってしまうみたいですよ。しかも慢性的に。
今度から鼻が詰まったらすぐ耳鼻科に行こう。


花粉症の苦しみからは解放されて、春がいつもよりすこーしだけ好きになりました。
ついでに悩みからも解放されたい。

スポンサーリンク


当サイト内画像その他の無断転載、転用を固く禁じます。