KAKULOG

郭智博のブログ

昨夜のつぶやきの補足の話。

ヒリヒリする…。
鼻とほっぺがヒリヒリするよ。
なにこのかっこ悪い焼け方。

こんな感じ↑↑
なんで鼻とほっぺだけなの?
顔全部出してんのにいっつもここだけだよ焼けるの。
人に会うの恥ずかしいわ。


そんな時に限って、ギオンス(SC相模原のホームスタジアム)で「郭さん、ドラマ観てます」って声かけて頂けて、なんかサポーターの方に声かけられるの嬉しい。
これ読んでるかわからないけど、ありがとうございました(*´-`)
僕、話しかけづらいみたいだから、気づいてくれても普段あんまり声かけられないから、嬉しかったです。



で話変わりますけど、ツイッターで


って書いたんですけど、友達と話してると最終的にこういう話に行き着くんですよね。


ビジネスとしてはいいと思うんですよ。
人気のある俳優さんで固めて映画やドラマ作ればある程度集客見込めるしね。
でもそれに頼ってたら作品を作る力って本当に衰えて行くと思うなぁ。


特に映画とかでそういうのしてもらいたくないっていうか、結局そういう映画に人が入ると、そればっかりになっちゃうから。

人気のある漫画で人気のある俳優で実写化すりゃーいいやってなっちゃうの本当につまらないから。



そして、以前ツイッターで呟いたこともあるこのスタンディングオベーションの話。


中には前の人が立ったから自分も立ったとか、周りが立ったから自分も立たなきゃいけないと思って立ったとか、そういう人もいなくはないと思う。
でもそれって出演者可哀想だよ。


「あの人たち、本当にいいと思って立って拍手してんのかなー」


って昔、一緒に飲んでた俳優さんが隣でそうポツリと呟いてて、この人流石だなーって思ったことがあります。
まぁそれに勘違いする俳優さんなんてすぐ消えちゃうけどさ、その人は今でも第一線で活躍されてますよやっぱり。



みんな、自分のファンの俳優が出てるからって別に必ず立って拍手しなきゃいけないわけじゃないんだよ。
小劇場ではあんまりないんだけど、商業系の舞台観に行くと、必ずと言っていいほどスタンディングオベーションに遭遇するんだよなぁ。

本当不思議。

小劇場の方がスタンディングオベーションに匹敵するお芝居してること結構あるよ。



みんな、その劇団とか俳優の名前でスタンディングオベーションしてない?



すげーアホらしいなーそれ。
まぁこれは人それぞれ感性の問題だから、難しいですけどね。
本当に素晴らしいと思って立ってる人ももちろんいるだろうから。


あんまり書くとちょっと怒られそうだからこのぐらいにしときますけど、まぁそんなこと思ってる。

そんなこんなで久しぶりのブログになっちゃいましたね。
一昨日は16時から次の日の5時まで寝ました(笑)
途中0時ぐらいに目が覚めたんですけど、久しぶりにあんなに寝たなぁ。

スポンサーリスク


当サイト内画像その他の無断転載、転用を固く禁じます。