KAKULOG

郭智博のブログ

20年。

日曜の深夜に日テレでやっていた神戸連続児童殺傷事件のドキュメントを観ました。
酒鬼薔薇事件と言った方がピンとくると思います。
事件当時、僕は中1でした。
そんなに歳が変わらない人があんな凄惨な事件起こしちゃうんだなって、すごく驚いた記憶があります。



あれからもう20年経つんですね。
早い。
番組内では被害者の遺族の方や関係者が取材を受けてカメラの前で事件当時のこと、それからその後のことについて話していたんですけど、被害者や遺族の方たちの時計はあの日で止まったままなんですよね、何年経とうが。

と思った一方で、子供にとって母親の存在、そして教育の仕方は人格形成に多大なる影響を与えるんだなと改めて思った。
犯罪者の多くは子供の時に家庭環境に問題ありな人が多いですもんね。


この事件に関わらずですけど、僕は加害者とその加害者家族のほうが手厚く保護されてる気がして凄く嫌なんですよね。
被害者や遺族の方がなんか蔑ろにされてる気がして。
それでも20年前よりはだいぶ改善されたみたいですけど。


少し話変わりますけど、ニュースで「犯行当時は心神耗弱で〜」とか「心神喪失で〜」なんて言って不起訴や無罪を求めるニュースたまに見ますよね。

あれおかしいですよね。
だって悪いことしたことには変わりないじゃないですか。

僕は心神耗弱だろうが心神喪失だろうが悪いことしたんだから、ちゃんと他の犯罪者と同じく裁かれてほしいんですよね。
どうしても、こういう事件では犯罪者の方が有利な気がしてしょうがないんですよ法律が。
加害者ファーストなの本当に嫌。

日本は量刑とか軽いと思う。
僕は少年法すら廃止してほしいんですけどね。

再犯率が高いと言われている性犯罪についても、韓国やアメリカみたいにGPSで監視すればいいのに「人権が〜」とかいう人たちいるでしょ。
自分や自分の家族が被害者になってもそう言うのかな。


と、普段ニュースを見たり聴いたりして感じたことをそのまま打ってしまった…。



そのドキュメントの話に戻しますけど、加害者と被害者、またはその遺族の関係って僕たちが想像するよりもずっとずっと重くて残酷な形で続いていくんだなと感じました。
それは想像しようとしてもとても無理。
その苦しみは想像出来ない。


何年か前に元少年Aが本出しましたよね?
少年Aの更生が司法制度の威信をかけた一大プロジェクトだったとかどうかなんて知らんが、あの本出した時点であの威信をかけたプロジェクトって一体…。って思ってしまった。
被害者や遺族の気持ちを踏みにじった時点で更生失敗じゃないの?

どんなプロジェクト受けようが、酒鬼薔薇聖斗は何年経っても変わらず、酒鬼薔薇聖斗でしたって。




カメラの前で穏やかな表情で、そして優しい口調で丁寧に取材に答える土師守さんの姿がとても印象的でした。
そして褪せることのない怒りと悲しみが混じった眼の色も。

スポンサーリンク


当サイト内画像その他の無断転載、転用を固く禁じます。