読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAKULOG

郭智博のブログ

久しぶりにフットサルしてきました。

壊れかけていた(大袈裟)膝と足首の痛みがなくなったので今日はフットサルに行ってきました。
SC相模原のユニフォームを着て。

ボール蹴ったのちょうど一ヶ月ぶり。

こないだの仕事でお世話になった松田さん(通称・GOD)が普段やってる方達のフットサルにお邪魔したんですけど、まぁーレベルが高い。

「ゆるいやつなんで、気軽に〜」

なんて言葉信用した私がバカだったよ!
緊張して余計下手だったけど、運動できて楽しかった。

SC相模原(以下、SCS)ね、今月はじめの試合は桜祭りと悪天候が重なったせいもあって、いつもよりお客さんが少なかったんですよね。
長野戦に続いて寂しい光景。

それで、ちょっと気になって相模原の友達にSCSがどれだけ浸透してるのか聞いてみたんですよ。
そしたら『知ってることは知ってる』って。
でもスタジアムに行くのはやっぱりサッカーが趣味の人が多いみたい。
そりゃーそうなんだけど、サッカー興味なくても一回ふらっと行ってみたら、あの雰囲気の虜になると思うんだけどなぁ。


いつもスタジアムの帰りはギオンスにどうしたら人が来るのか考えてたりして…。
僕なんかが考えて簡単に答え出るんだったらみんな悩んでないんだけど(笑)
でもせっかくあんないいチームといいスタジアムがあるのに、なんかもったいないなーって思うんですよ。

相模原は僕にとってとても大切な場所で、僕の人生の原点と言っても過言ではないので、なんかこう恩返しって言葉は恩着せがましくて使えないけど、還元したいんですよね。

それに仕事的にも人々に発信できる仕事に就かせてもらっているわけだから、なにかできたらなぁ。
その為には仕事をもっと頑張らないと。
僕のこと知る人が増えれば、それだけ相模原にこんなサッカーチームがあるんだって知ってもらえるチャンスができるわけだし。

僕を知ってくれてる人って映画好きな人なんですよ。
それは嬉しいことだし、なんの不満もありません。
寧ろそれでいいって思ってます。

個人的に知名度なんて二の次だと思ってるんで。
でもその考えも改めないといけないなってここ数年思ってるんですよね、正直。
知名度がないとやりたいことも出来ないっていうのが事実なもんで。
残念ながら日本は芝居よりも知名度優先みたいなところあるので、芝居のレベルアップよりも知名度アップの方が現実的なんですよね。

仕事で私服でいい時とかSCSのユニフォーム着て出てやろうかなっていつもチャンスを虎視眈々と狙ってるんですよ実は。
TPOと空気があるのでなかなか難しいですけどね。

あとはやっぱり何と言ってもチームの成績ですよね。
頑張れSC相模原!

ちょっと長くなっちゃいましたけど、とにかく相模原の試合観に来てください。
ギオンスに遊びに来てください。
とりあえず来てみてください。
ちょっと寄ってください。

スポンサーリンク


当サイト内画像その他の無断転載、転用を固く禁じます。