読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAKULOG

郭智博のブログ

知ってほしい本。

最近、時間があるので、そういう時は『取り入れる時間』ということで映画やら撮り溜めしてたドラマを観たり、読みたかった本を読んだりしてます。


先日紹介した関さんの本に続き、ご紹介したい本があります。
こちらです。

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)

この事件、ご存知の方も多いと思います。
僕も知ってはいましたが詳しいことは恥ずかしながら知りませんでした。
そんな人は是非お読みください。

知ってください。

こんなブログに感想を書いてもいいものか悩みましたが、本書の最後の一文で書こうと思いました。

ページをめくる手が止まりませんでした。
たまに心を突き動かされる本に出会いますけど、この『桶川ストーカー殺人事件−遺言』ほど突き動かされて、胸が苦しくなった本は今までそうありませんでした。

ストーカー規制法が制定されるキッカケとなった事件です。

この本の著者、清水潔さんの尽力がなければ、この事件は闇に葬られていたのではないでしょうか。

犯人達と警察への怒りで手が震えました。
大袈裟ではありません。
こういう時、僕の語彙力のなさを呪います。

残念ながら世の中には『人間』ではない人間がいます。
苦しんで苦しんで助けを求めた先もまた、人間ではなかったらどうしたらいいのでしょうか。
考えさせられます。

僕がブログに書いたところで、大した人数ではないですけれど、その中にこの本が少しでも気になった方は書店に走ってください。

スポンサーリンク


当サイト内画像その他の無断転載、転用を固く禁じます。