読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAKULOG

郭智博のブログ

嫌いな映画。

ふと思ったんですけど、好きな映画なに?って話にはなるけど、嫌いな映画ってなに?って話にならなくないですか?
僕は1番好きな映画を聞かれてもありすぎて答えに凄く困るんですけど、嫌いな映画は何の躊躇もなくパッと答えられます。

ダンサー・イン・ザ・ダークです。

あれ無理。
本当に嫌い。
読んでくれている人の中でこの作品が好きな人がいたらすいません。
でも僕は受け付けない。
僕はバッドエンドとか暗い話大好きです。
でもあれは色々無理。
見終わったあと数日凹んだ。

ようやく持ち直してきた時に、あの監督は他にどんな映画作ってるんだろうと思って調べた事があります。
ダンサー・イン・ザ・ダークは黄金の心三部作のうちの一つで、あとの二つのあらすじ読んだんですけど、読んだだけで気分が持ってかれました…。
観ることは絶対にない。
っていうかよくあんな話思いつくな!と怒りがフツフツと湧き上がってきました。

ダンサー・イン・ザ・ダークもう一回観てって言われても絶対拒否する。
そもそもなんで観たのかというと、泣ける映画観たくて友達に聞いたらダンサー・イン・ザ・ダークとかいいんじゃない?って言われて観たんですよね。
泣けるどころかドン引きしたわ。
一応フォローしておくと、一流の監督だからこそ、こう思うんですよ。
人物描写とか物語の緻密さ、特に人の汚い部分を描くのが上手いから。

皆さんはもう二度と観たくない嫌いな映画ってありますか?

スポンサーリンク


当サイト内画像その他の無断転載、転用を固く禁じます。