読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAKULOG

郭智博のブログ

サラエボに行った時の話。

みなさん覚えていますでしょうか。
今年1月、サッカーオリンピック最終予選のハーフタイムに流れた3分CM。
とある記者がオシムさんの取材を任され、遥遥サラエボまで行くCMです。

先日、そのCMでご一緒した三浦和徳監督と久しぶりにお会いしました。
お酒を一緒に飲む機会は前にもあったんですが、その時は人がたくさんいてあまりお話できなかったんですよね。

なので先日は撮影当時の思い出話を時間が許す限りしたわけですが、
話してたら思い出してくるものですね。

行く時はウィーンからサラエボまで飛行機が飛ばなくて車で9時間かけて行ったこととか。
運転手のおじさんにパスポート預けたんですけど、サラエボに着いた頃には入国スタンプが知らない間に増えてました(笑)
3カ国ぐらい経由したらしい。
その運転手のおじさんめちゃくちゃいい人でよかった。

 結局日本を出発して24時間以上かけてサラエボ到着。

 

着いた日に僕は少し自由時間があったのでうろうろしてきました。
いい機会なので撮ってきたサラエボの写真何枚かお見せしますね。

f:id:kaku950:20160910174302j:plain
以前は24時間運行していたこともあったみたいです。

 

f:id:kaku950:20160910174508j:plain
サラエボ事件現場。それってなに?って方はこちら→サラエボ事件 - Wikipedia

 

f:id:kaku950:20160910174546j:plain
愛の南京錠。恋人たちの験担ぎ。
これ日本で見たことないですよね??

 

f:id:kaku950:20160910174825j:plain
めちゃくちゃ可愛いカフェ。入りたかった。

 

f:id:kaku950:20160910174902j:plain
高台から。

 

f:id:kaku950:20160910174947j:plain
果物とか転がったら終わる。

 

f:id:kaku950:20160910175026j:plain
そんな坂の下には果物屋さん。

 

f:id:kaku950:20160910175055j:plain
サラエボのスタッフ達。温かくていい人たちでした。
みんな元気かな。会いたいな〜。

 

と、全部貼ってたらキリがないのでこれぐらいに。
懐かしい。

いろいろ監督と話していたらあっと言う間に時間になっちゃいましたよ。
監督は映画好きなので映画の話もいろいろ出来て素敵な時間でした。

28歳であんな作品を次々に作り上げるすごい監督さんです。
色々刺激を受けました。
僕も頑張ろっと。

 

オシムさんも元気かな。

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト内画像その他の無断転載、転用を固く禁じます。